ホーム > 魅せるフォトヒント集 > WEB マーケティング > イメージカットとプロダクトカット、どう違う?

PHOTO HINTS

PHOTO HINTS
魅せるフォトヒント集

  • サングラスのプロダクトカット

    イメージカットとプロダクトカット、どう違う?

    ECショップなどを経営されている方なら覚えておきたい用語に「イメージカット」「プロダクトカット」というものがあります。

    イメージカットで表現するのは「実際の着用感」です。
    例えばサングラスの場合、イメージカットならば、サングラスを実際に着用するシーンを撮影します。
    女性が長い髪をなびかせながら 屋外のテラスでサングラスを着用しながらアイスコーヒーを飲んでいる…
    こんなシーンはイメージカットと呼ばれます。

    イメージカットは、実際にサングラスをデザインした方など、プロジェクトの主なメンバーが撮影した方が良いです。
    商品へ込めた想いが伝わりますから。
    イメージカットなら、スマホでも入門者用のカメラでもOKです。

    一方でプロダクトカットでは、「商品を正確に伝える」必要があります。
    商品の形だったり、色や質感を正しく伝えるための写真になるので、どのように撮影するのかしっかりと決めて挑むことが重要になるのです。
    先ほどのサングラスの例なら、レンズの色、フレームの形状、質感を正確に伝えなければいけません。

    プロダクトカットでは、ライティグや機材ともにプロレベルを使う必要があります。
    ここは素人ではなくプロのカメラマンに頼んだ方が確実ですし、コストパフォーマンスも効果的です。

    ECサイトでの販売を考えている方は、まずはこの言葉を知っておきましょう!

    仙台の写真教室クローバーの講師は、ECサイトの運営経験もあります。
    ビジネスに関するお悩みも幅広くお答えできますので、まずはお気軽に30分無料のオンライン相談までご連絡ください♪

    お問合せフォームはこちら

    写真のモデルになってくれる方も募集中!

CONTACT US
お申し込み・お問合わせ